カードローン 質問

MENU

カードローン借入についての質問

○過去にクレジットカードの支払いで遅れたことがあるのですが、カードローンの借入はできますか?

カードローンの審査では、申込者の借入実績や支払状況などを、個人信用情報によって確認します。
個人信用情報の中には、クレジットカードの支払い状況も含まれています。
情報に問題があると、審査では非常に厳しい判断をされてしまいます。
ただし、クレジットカードの支払延滞の情報があるからといって、絶対に借入ができないというわけではありません。

 

基本的には、「3ヶ月」以上の延滞があると、審査に通ることが難しくなります。
延滞「3ヶ月」は「金融事故」として記録され、2年〜5年は記録として残ることになります。
これはカードローンの延滞だけでなく、クレジットカードの延滞も同様です。

 

しかし「2ヶ月」の延滞であれば大丈夫というわけでもありません。
その分信用がない利用者として判断され、審査に合格できないこともあります。
たとえうっかり入金を忘れていたとしても、個人信用情報に傷がついてしまうことを頭に入れておきましょう。

 

○以前利用していたカードローンを再度利用したいのですが、限度額などは同じなのでしょうか?

過去に借入を行っていたカードローンをもう一度利用したいと考えることもあるでしょう。
その場合、以前と同様の条件で利用できるのでしょうか。

 

基本的には、解約しないでそのままにしていたカードローンを利用することは可能です。
ただし、同条件であるかどうかは、その空白期間がどれくらいであったかによって異なってくるでしょう。

 

完済してからそれほど時間が立っていないのであれば同条件で利用できる可能性が高いといえます。
カードローン会社は定期的に利用者の信用情報などを確認しています。
利用者の状況に大きな変化がなければ、条件自体も変わることはありません。
しかし、完済までに返済の遅れなどがあった場合には、限度額を引き下げるなどの措置が取られている場合もあります。

 

完済してかなりの日数が立っている場合には、同条件で借入できるかどうかは不確定です。
たとえローンカードが実際に手元にあった場合でも、再審査を受けなければいけない場合もあります。
このような場合には、一度カードローン会社に問い合わせるようにしましょう。
利用者の状況に大きな変化がなければ、同条件で借りることも可能なケースが多いようです。

 

場合によっては限度額が引き上げられたり、金利が下がったりなど、条件が好転することもあります。
利用前に、必ず確認しておくようにしましょう。

 

○カードローンの借入では、入会金などの諸経費が必要になるのでしょうか?

カードローンは、基本的に「実質年利」が使われます。
「実質年利」とは、利息以外の諸経費を含めた総負担で金利を表現する方式です。
通常のカードローンでは、発行費用や入会金、年会費などは必要ありません。

 

ただ、カードローン以外の機能が付与されているカードですと、諸費用が必要な場合もあります。
よくあるのがクレジット機能が一体となったカードです。
この場合には、年会費などの諸費用が別途必要になることもありますので注意が必要でしょう。

 

ただ、このようなカードはポイント制を利用しているなどの特典が付与されていることも多くあります。
利用金額に応じてポイントをためていくことで、年会費分をカバーできることもあります。
どちらにしても商品ごとにその仕組みが異なります。
利用する前に、担当者に問い合わせるなどして確認しておくようにしましょう。

 

○カードローンの初回の借入で、限度額いっぱいまで借りても問題ないですか?

カードローンを申込んで審査に合格すると、借入できる「借入限度額」が通知されます。
カードローンは決められた「借入限度額」の範囲内で借入と返済を繰り返していく融資です。
借入金額などは、決定した利用者の裁量にゆだねられます。
その範囲内での利用であれば、初回だからといっていっぱいまで借りても特に問題はありません。

 

だからといって、必要以上の金額を借りることはおすすめできません。
多めの限度額で審査が合格すると、そのゆとりからでしょうか、多めに借りてしまう方もいらっしゃいます。
つい上乗せ気分で借りてしまうことが、後々大きな負担になる場合もあるのです。
必要以上に「なんとなく」借りてしまうことは、非常に危険な借り方です。

 

多く借りるということは、その分返済負担も多くなることです。
利息支払総額も多くなることであり、当初予定していた返済計画もくるう結果になりかねません。
返済期間も当然長くなり、長期に渡り返済に苦しむことになるかもしれません。

 

特に初めてカードローンを利用する方は、危険な借り方を行う可能性が高いといえます。
カードローンの借入は便利なものには違いないのですが、あくまで必要最低限にとどめることも大切なことです。

 

○カードローンだけをつくっておいて借入をしないことは、可能なのでしょうか?

先ほども説明しましたが、一度審査に合格した後の利用は、ローンカード保持者の裁量にゆだねられます。
借入限度額範囲内であれば、どれだけ借りるということは自由なのです。
当然、カードだけを保有しておいて借入をしない、利用しないことも可能です。

 

カードローンは急な出費が発生した場合に、非常に便利に利用できます。
飲み会が重なったり、冠婚葬祭の費用が不足する場合には、近くのコンビニATMなどですぐに現金を引き出すことが可能です。
急な出費に備えて、一枚保有しておくことも安心感を生み出すのではないでしょうか。

 

ただし、注意しなければいけないことがあります。
まず、たとえ借入をしていなくても、個人信用情報にはカードローンを契約している情報が記録されていることです。
例えば、所有していることを忘れて新たに他の融資を申込んだ場合にも、この情報が影響することもあります。

 

また必要にせまられて現金を借入した場合には、すぐに返済したとしても、その記録はすべて残ります。
うっかり返済を忘れてしまうと、その延滞の記録も残ります。
カードローンをお財布代わりとして扱う方もいらっしゃいますが、あくまで借金であることを頭に入れておかなくてはいけません。

 

○今すぐ借入したいのですが、最短の方法は?

カードローンでお金を借りるには、時間がかかるもの。
このように考えている方もいらっしゃるかもしれませんが、最近のカードローンはスピードが飛躍的に向上しています。
審査も最短で30分で完了し、即日融資も可能になっています。

 

どうしてもすぐにお金が必要な場合に、最短で借りることのできる方法には、「自動契約機」で申込む手段があります。
近隣の自動契約機を探して必要書類を準備して訪問してみましょう。
申込はタッチパネルの操作で簡単に行うことができます。

 

審査が通過すると、その場で専用カードが発行されます。
そのカードを利用して脇に設置されているATMやCDで現金を引き出しします。
最短で30分〜1時間程度で借入することができるでしょう。

 

注意点としては、必要書類を確実に準備しておくことです。
申込金額によっては収入証明書が不要な商品もありますが、審査の過程で提出を求められることもあります。
できれば原本を準備して、すぐに提示できるようにしておきましょう。